先に結論

ネットの標準カラープロファイルはsRGBなので、sRGB以外を使用していると、ネットに画像をアップロードしたときに明るさや色味が変わります。

モニターの設定を見直す

モニターには必ず設定変更用の物理ボタンがモニターの右下辺りにありますので、そこから設定することができます。

私はBenQのモニターを普段から利用しています。ゲームをよくプレイするので、モニターの画像設定をゲーム用の設定に変更して使用していました。

しかし、この設定を行ってしまうとモニターで利用するカラープロファイルがsRGBではなく、BenQに変更されてしまいますので、現像・色調補正・カラーグレーディングなどを行うときは必ずsRGBに戻しましょう。

ソフトの設定を見直す

現像・色調補正・カラーグレーディングに使用しているソフトのカラープロファイルを設定しましょう。設定項目は大きく2つあります。

  1. 現像・色調補正・カラーグレーディング中に見ている画像のカラープロファイル設定
  2. エクスポート(書き出し)ファイルのカラープロファイル設定

1番はソフト上部メニューの編集→環境設定あたりからカラープロファイルの設定を開き、RGBカラープロファイルをsRGB IEC61966-2.1に設定してください。

2番はファイル→エクスポート(書き出し)あたりからエクスポート画面を開き、オプション(その他)ボタンなどをクリックし、カラープロファイルの設定を見つけてください。ICC(カラー)プロファイルをsRGB IEC61966-2.1に設定し、埋め込みのオプションを有効にしてください。

カラープロファイルは埋め込んでおくと何かと楽できます。

最後に

今回はRGBのカラープロファイルがsRGB以外になっていると、ネットにアップロードするときに困るというお話でした。

稀にですが、ネット標準のsRGBではなく、Adobe RGBを使用しているサイトがあったりします。その場合にはモニターとソフトの設定をAdobe RGBに合わせてから現像・色調補正・カラーグレーディングを行うようにしてください。

他にもCMYKのカラープロファイルもありますので、印刷所などに持ち込むときには事前に確認をしておくと良いでしょう。このときもカラープロファイルは基本的に埋め込んでおくようにしてください。お店によってはトラブル防止のためにカラープロファイルの埋め込みを必須にしていることが多いです。

追記

今はEIZOのColorEdge CS2410が5万で買える時代なので、キャリブレーション対応モニターに買い替えましょう。

参考
webサイトに写真画像をアップすると色が変わる暗くなる!カラーマネージメントの基礎を理解しよう! – 一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ