ビットマップデータとベクターデータの違い

「ビットマップデータ」と「ベクターデータ」とは、コンピュータのモニター上で表現することができる静止画像データのことです。

ビットマップデータ ベクターデータ
英語 Bitmap Data Vector Data
別名 ラスタデータ(Raster Data) ドローデータ(Draw Data)
利点 ・無圧縮のままファイルを生成するので画質の劣化がない。 ・通常、ビットマップデータよりも容量が小さくなる。
・拡大・縮小しても画質が損なわれない。
・変形処理が自由自在。
欠点 ・無圧縮につきデータ容量が膨大になる。
・拡大・縮小等の編集を行うと画質の劣化が生じる。
・写真のような複雑な輪郭線や配色を持つ図形には再編処理が追いつかない。
相互変換 ビットマップデータからベクターデータへの変換はできない。 ベクターデータからビットマップデータへの変換はできる。通称、ラスタライズと呼ばれる。
利用場面 ・細かい表現や透明感を出したい場合。
・写真のように微妙な色の変化を表現したい場合。
・拡大して使用する必要がある絵や文字等を表す場合。
・イラストや図面など、線や面の輪郭がはっきりした、人工的な画像を作成する場合。
・CADやFlashアニメーションなどでも使用する。
代表的ソフト Adobe Photoshop Adobe Illustrator
フォーマット BMP、GIF、JPEG、JPEG XR、PNG、PNM、
TIFF、XPM、WebP
EPS、PDF、SVG

まとめると、写真やWeb画像などの主に点と線の組み合わせで表現しづらいものはビットマップデータ、ロゴや印刷物などの拡大縮小が頻繁に行われるものはベクターデータとして作成するという使い分けができます。

ここで注意しておきたいのは、BMP、GIF、JPEG、JPEG XR、PNG、PNM、TIFF、XPM、WebPなどのフォーマットで作成された画像は元のデータがベクターデータであってもビットマップデータ(拡大するとギザギザ)になってしまうことです。ベクターデータを使用するにはPhotoshopとIllustratorのネイティブフォーマットであるpsd、aiやベクターデータを表現できるフォーマットであるEPS、PDF、SVGを使用する必要があります。

逆にビットマップデータをEPS、PDF、SVGなどのベクターデータのフォーマットで保存してもベクターデータにはならず、拡大するとビットマップデータ特有のギザギザが出てしまうので、気をつけた方がいいでしょう。

参考
ベクタ形式 - Wikipedia
「ビットマップデータ」と「ベクターデータ」の違い - ウェブ学のすすめ