Linuxでよく使うコマンドのメモ -基本-

以下、自分が仕事でよく使うコマンドのメモ。シェルはBashを使用。

ls

カレントディレクトリの中を表示。-lオプションを付けると更新時間やパーミッションの設定レベルも表示できる。-aオプションを付けるとデフォルトで非表示の設定になっているファイルも表示できる。

$ls

pwd

カレントディレクトリのフルパスを表示することが出来る。

$pwd

cat

ファイルの内容を表示出来る。

$cat [ファイル名]

touch

ファイルが無い場合はファイルを作成することが出来る。
ファイルが既にある場合はタイムスタンプを更新することが出来る。

$touch [ファイル名]

rm

ファイルを削除することが出来る。-rオプションを付けるとディレクトリも削除出来る。
-fオプションを付けるとエラーメッセージを表示しない。-iを付けると削除する前に確認することが出来る。

$rm [ファイル名]
$rm -r [ディレクトリ名]

また、正規表現を使うことで大量のファイルを一度に削除することも出来る。

#カレントディレクトリの全てのファイルを確認しながら削除する
$rm -i *

mkdir

ディレクトリを作成することが出来る。

$mkdir [ディレクトリ名]

cp

ファイルやディレクトリをコピーすることが出来る。

$cp [コピー元のパス] [コピー先のパス]

mv

ファイルやディレクトリを移動することが出来る。ファイルやディレクトリの名前の変更もmvコマンドで行うことができる。

$mv [移動元] [移動先]

chmod

ファイルやディレクトリのパーミッション(アクセス権限)を変更する。

$chmod [パーミッション値] [ファイル名]  

chown

ファイルの所有者を変更することが出来る。ディレクトリとその中身の所有者を変更したいときは-Rオプションを付ける。グループだけを変更したい時は:[グループ名]とだけ記述する。所有者の変更はスーパーユーザにしか行うことができないので必要に応じてsudoを付ける。

$chown [ユーザ名]:[グループ名] [対象ファイル名]

chgrp

ファイルが所属するグループを変更することが出来る。ディレクトリとその中身の所属グループを変更したいときは-Rオプションを付ける。

$chgrp [グループ名] [対象ファイル名]

tail

-fオプションでファイルの更新を監視する。更新があったらリアルタイムに反映される。

$tail -f [ファイル名] 

vi

viエディタでファイルを編集することができる。

$vi [ファイル名]

参考
【 ls 】 ファイルやディレクトリの情報を表示する
【 pwd 】 現在のディレクトリの場所を確認する
【 cat 】 ファイルを連結して標準出力に出力する
【 touch 】 ファイルのタイム・スタンプを変更する
【 rm 】 ファイルやディレクトリを削除する
【 mkdir 】 ディレクトリを作成する
【 rmdir 】 ディレクトリを削除する
【 cp 】 ファイルやディレクトリをコピーする
【 mv 】 ファイルやディレクトリの移動・名前の変更をする
【 chmod 】 ファイルやディレクトリのアクセス権を変更する
【 chown 】 ファイルやディレクトリの所有者を変更する
【 chgrp 】 ファイルやディレクトリのグループを変更する
【 tail 】 ファイルの末尾を表示する
viコマンド(vimコマンド)一覧(検索・置換)