Ghostで数式を書く

GhostにMathJaxを導入して、ブログ内で数式を書けるようにしました。

導入方法

MathJaxはLATEX並みの数式表示能力をJavaScriptで実現したライブラリです。
GhostでMathJaxを使用するには、管理メニューの Code Injection > Site Header に以下のように記述します。

<script type="text/javascript" async src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/mathjax/2.7.3/MathJax.js?config=TeX-MML-AM_CHTML">
MathJax.Hub.Config({
    tex2jax: {
        inlineMath: [["$", "$"], ["\\(", "\\)"]],
        processEscapes: true
    }
});
</script>

数式の書き方

通常、MathJaxでは数式を\(...\)または\[...\]で囲って指定しますが、今回の導入では$...$で囲って指定できるようにしました。

数式の種類は以下の2つに分かれます。

  • インライン数式:1行で数式を表現します。縦幅がある数式では、つぶれたような感じになります。
  • ディスプレイ数式:複数行で数式を表現します。縦幅がある数式でも見易くなります。

インライン数式は$...$で囲みます。
ディスプレイ数式は$$...$$で囲みます。

分数

分数を書きたいときは\frac{分子}{分母}と書きます。

$$x = -\frac{b}{a}$$

$$x = -\frac{b}{a}$$

上付き・下付き文字

コマンド 出力
$x^a$ $x^a$
$x^{a+b}$ $x^{a+b}$
$x^{a^b}$ $x^{a^b}$
$a_i$ $a_i$
$a_{ij}$ $a_{ij}$
$a_{i_j}$ $a_{i_j}$

参考資料
Testing MathJax with Ghost Markdown
MathJaxの使い方
Qiitaの数式チートシート - Qiita