英語におけるbe動詞の使い方

be動詞の使い方についてメモ。

be動詞の使い方

英語のis, am, areのことをbe動詞と呼ぶ。日本語にすると「~です」と「~いる(ある)」の2つの意味があり,文の中では述語になる。be動詞は文の中での位置は主語の直後となる(主語+be動詞+…….)。

述語とは

主語について、その動作・作用・性質・状態などを叙述(物事について順を追って述べること)するものである。

is, am, areの使い分け

主語によって,is, am, areを使い分ける。

  • amを使うのは主語がIのときだけ(例:I am a teacher.)。
  • areを使うのは主語がYouのときと,複数のとき(例:You are my friend. We are happy.)。
  • isを使うのは主語がI, You以外の単数のとき(例:Ken is a student.)。

気を付けたいのは以下のような文章である。( )に入るのはisのような気がするが,この場合は複数(2人以上)なので,( )に入るのはareが正解となる。

Hiroshi and Yuji ( ) good student.  

be動詞の疑問文

be動詞の文を疑問文にするにはbe動詞を文頭に出してやる。

Is this your book?(be動詞+主語+…….)  

疑問文への答え方

物が主語のときはitを使う。この場合はThisが主語である。

#疑問文
Is this your book?

#答え方
Yes, it is./No, it’s not.

youできかれたらIで答える。

#疑問文
Are you Ken?

#答え方
Yes, I am./No, I’m not.

男の人が主語なのでheを使う。

#疑問文
Is Ken from Tokyo?

#答え方
Yes, he is./ No, he’s not.

be動詞の否定文

be動詞の文を否定文にするにはbe動詞の直後にnotをいれる。
That is not our school.(主語+be動詞+not+….)

参考
中学英語 be動詞