TwitVimの使い方

VimにTwitVim.vimというツイッタークライアントなプラグインを入れてみた。

導入時にcurlとopensslが必要になるが、Cygwinに両方ともデフォルトで入っていたのでvimrcからC:\cygwin\binへパス通すだけで使用することができた。

TwitVimの使い方

タイムラインを見る

:FriendsTwitter

ツイートする(つぶやく)

:PosttoTwitter

Mentions(自分宛のツイート)を見る

:MentionsTitter

リストを見る

:ListTwitter [リスト名]

自分のツイートを見る

:UserTwitter

次のページのツイートを見る

:NextTwitter

前のページのツイートを見る

:PreviousTwitter

次の画面へ進む

:ForwardTwitter

前の画面へ戻る

:BackTwitter

タイムラインを更新する

\<Leader\>\<Leader\>

リプライ(返信)する

\<Leader\>r

全員にリプライ(返信)する

\<Leader\>\<c-r\>

リツイートする

\<Leader\>\<s-r\>

ツイートをお気に入りに登録する

\<Leader\>f

ツイートした人のツイート一覧をみる

\<Leader\>g

ツイートした人のプロフィールをみる

\<Leader\>p

また、URLにカーソルを合わせて、gxと入力するとURLをブラウザで開くことができる。
操作に迷ったときは:help TwitVimを読むと解決することが多い。

参考
のびーの食っちゃね~だらだらな日々。食っちゃ寝生活してても意外と平気だったりする。 : TwitVim を使いこなす。例えばコマンドやキーバインドの備忘録。