EclipseにVrapperを導入する

PHPを書いていたときは他に良いエディタが無かったから仕方なくVimを使ってたけど、Javaを書くときはEclipseでいいよね、ということでEclipseにVrapperを導入した。

Vrapperとは

EclipseのキーバインドをVimっぽくしてくれるEclipseのプラグインである。

Vrapperの導入方法

[ヘルプ]->[新規ソフトウェアのインストール]にて、[作業対象]に以下のURLを入力してインストールする。

http://vrapper.sourceforge.net/update-site/stable

インストールが終わると、Eclipseの上部メニューにVimのトグルボタンが追加されている。ボタンがオンになっている間はVimのキーバインドが有効になる。

キーバインドの設定

続いて、EclipseのキーバインドとVimのキーバインドで重複しているものを取り除く作業を行う。
メニューの[ウィンドウ]->[設定]->[一般]->[キー]から[スキーム]を[デフォルト]から[Vim’s key bindings]に変更する。
ここでキーバインドのリストからCtrl + vにバインドされているものを全てアンバインドする。このようにすることで、Vimの矩形選択のキーバインド<C-v>が利用可能になる。

.vrapperrcの作成と設定

Vimの.vimrcに相当する設定ファイルとして、Vrapperでは.vrapperrcが使える。

.vrapperrcの作成

ホームディレクトリ(C:\Users\ユーザ名)に.vrapperrcという名前のファイルを作成する。

.vrapperrcの設定

Vrapperでは厳密にはVimScriptは使用できないので、ここで設定できることは、キーマッピングやVrapper独自のプロパティである。

私の場合は.vrapperrcに以下のような設定を書いている。

set imd

この設定をすることで、インサートモードから抜けたときにIMEを自動的にオフにしてくれる。Kaoriya版Vimには標準で入っている機能なので誤操作を無くすためにも、なるべく設定しておきたい。

おまけ:クリップボードとレジスタ間で内容を受け渡したいとき

VimとVrapperには、無名レジスタ(*)が用意されており、クリップボードと無名レジスタ間で内容が共有されている。
つまり、ブラウザからコピーした内容をVrapper上でペーストしたいのであれば、"*pとすれば良い。逆にVrapperからヤンクした内容をブラウザ上で貼り付けたいのであれば、Vrapper上で"*yyとしてヤンクすれば良い。

参考
Vrapper Vim-like editing in Eclipse
Non Title EclipseのプラグインVrapperで矩形選択を使う