Atomについてのメモ

自分用メモ。Atomの便利な機能やインストールしたパッケージをメモしておく。

エディタの設定

Preferences->Editorから以下の設定を有効にする。

  • Show Indent Guide :インデントガイドを表示する。
  • Show Invisibles :スペースやタブを視認できるようにする。
  • Soft Wrap :画面外にある文字を折り返して表示する。
  • Soft Wrap Hanging Indent :80字で折り返して表示する。

パッケージのインストール方法

Preferences->Installからパッケージを検索してインストールする。

インストールしたパッケージ

操作をVimライクにするvim-mode-plusとex-modeに加えて、構文解析してくれるlinter系のパッケージをインストールした。

Vim化系

  • vim-mode-plus
  • ex-mode

Linter系

  • linter
    • linter-ui-default(linterに付属)
    • intensions(linterに付属)
    • busy-signal(linterに付属)
  • linter-php
  • linter-jshint
  • linter-eslint
  • linter-csslint
  • linter-htmlhint

インストールするか迷っているパッケージ

  • goto-definition :ctags無しで関数の定義元へジャンプできる。

操作方法

vim-mode-plusとex-modeが入っているので基本操作はVimと同じなので、Vim系の操作は省く。

操作 説明
Cmd + \ プロジェクト管理ペインの表示トグル。
Cmd + / 選択行をコメントトグル。
Cmd + t , Cmd + p プロジェクト内のファイルを開く。
Cmd + f ファイル内文字列検索と置換検索。
Cmd + Shift + f プロジェクト内文字列検索と置換検索。
Opt + Cmd + Enter emmetでリアルタイムに変換結果を見ることができる。
Ctrl + e emmetでHTMLに変換する(例:ul>li*5と入力した状態で入力)。

autocompleteの使い方

関数名などを入力すると補完候補を表示してくれるので、選んでTabで確定する。
候補を表示中にF1でリファレンスをブラウザで開くことができる。