Adobe Illustratorのペンツールで思い通りに曲線を描くコツ

Adobe Illustratorを学習する上で学習者が必ず躓いてしまうのがペンツールによる曲線の描き方です。Illustratorの機能の中でも特に難解な部分ですが、逆にここさえ抑えれば他に躓くポイントは無いかと思います。

まず、曲線を描く方法として「ペンツール」と「曲線ツール」の2つがあります。ペンツールは曲線を描くための基本的なツールで、曲線ツールはペンツールの機能拡張版のような位置付けです。今回はペンツールについて解説します。

ペンツールは、手書き風の自然な曲線を描くのに向いています。逆に、正円やハートマークのような数学的な正しさや綿密な対称性が求められる図形を描くのは得意ではありません。

※リフレクトツールとパスの連結を駆使することでペンツールでも対称な図形を描くことは可能です。

基本知識

Illustratorの基本知識をつらつらと書きます。何となく目を通しておくとペンツールについて理解が深まると思います。

アンカーポイントとパス

Illustratorで描かれるオブジェクト(図形)は、点と線で構成されています。点をアンカーポイント、線をパスと呼びます。

illustrator-practice-1-1

選択ツールとダイレクト選択ツール

オブジェクト単位での選択を行う場合は、選択ツールを使用します。アンカーポイントやパスを選択する場合は、ダイレクト選択ツールを使用します。

illustrator-practice-2

アンカーポイントツール

アンカーポイントツールを使用することで、アンカーポイントから伸びる「ハンドル」の位置や長さを調整することができます。このハンドルを調整することで曲線の曲がり具合を調整することができます。

illustrator-practice-3-1

ペンツールで直線を描く

ペンツールで直線を描く方法は非常に簡単です。ペンツールを選択した状態で、アートボード(パレット)上の好きな位置を2回クリックします。

illustrator-practice-4

直線が引かれます。アンカーポイントが2つ作成され、アンカーポイント間にパスが描画されます。

illustrator-practice-5

ペンツールで曲線を描く

ペンツールを選択した状態で、アートボード(パレット)上でマウスを左上方向にドラッグし、離すとアンカーポイントとハンドルが作成されます。下記の図を真似してアンカーポイントとハンドルを作成してみてください。

illustrator-practice-6

続いて、2つ目のアンカーポイントとハンドルを作成します。下記の図の位置でクリックし、下方向にドラッグしてください。

illustrator-practice-8-1

これで2つのアンカーポイントとハンドルが作成されました。

ここで「アンカーポイントツール」でハンドルの位置や長さを調整してみます。パスツールを選択した状態でALTキーを押したままハンドルの先端の●をドラッグします(パスツールを選択した状態でALTキーを押したままにするとアンカーポイントツールに切り替わります)。

ハンドルの傾きや長さによって、曲線の描画が変わることが分かります。

illustrator-practice-9

この曲線とハンドルの関係は、ボールの遠投に似ています。パスがボールを投げる軌跡だとすると、ハンドルの長さがボールを投げる力強さ、ハンドルの向きが方向です。

自由に曲線が引けるようになるまでは上記の知識に加えて、ある程度の練習が必要なので、アドビの公式サイトにある動画を真似しながら練習すると理解が深まると思います。

https://helpx.adobe.com/jp/illustrator/how-to/draw-edit-curves.html

参考
スクールの教科書