Node.jsのインストール&アップデート&実行

本記事ではWindowsとMacでのインストール&アップデート&実行方法を確認します。

インストール(Windows)

下記サイトからインストーラをダウンロード&インストールします。
http://nodejs.org/

コマンドプロンプトから下記のコマンドを実行し、nodeとnpmを確認します。

node --version
npm --version

バージョンが表示されればインストールは成功です。

アップデート(Windows)

最新のインストーラをダウンロードして再度インストールすることで、古いnodeを消しながら新しいnodeをインストールすることができます。

実行(Windows)

コマンドプロンプトからnodeコマンドで作成したファイルを実行することができます。

node パス

インストール(Mac)

homebrewからnodebrewをインストールし、nodebrewからnodeをインストールします。

まずは以下のページを参考にし、homebrewをインストールしてください。

https://brew.sh/index_ja.html

続いて、nodebrewをインストールします。

brew install nodebrew

次にnodebrewにパスを通します。.bash_profileの環境変数PATHにnodebrewのパスを追加します。

vi ~/.bash_profile

## 「i」を入力し、インサートモードにし、以下の内容をコピー&ペーストしてください。
# for nodebrew
export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

## escボタンを押下し、コマンドモードにし、「:wq」を入力して保存してください。

## bash再読み込み
source ~/.bash_profile

最後にnode.jsをインストールします。

nodebrew install-binary latest

インストールが成功しているかを確認するために、バージョンと参照場所を確認します。

node -v

## v12.8.0などと表示されればOK

which node

## /Users/ユーザ名/.nodebrew/current/bin/nodeと表示されればOK

アップデート(Mac)

nodebrewでnodeのバージョンを管理しているので、アップデートは必要ありません。新たなバージョンをインストールし、切り替えを行うだけです。

v8.11.3をインストールします。v8.11.3の部分をstableにすると安定版、latestにすると最新版をインストールすることができます。

nodebrew install-binary v8.11.3

インストールされているバージョンを確認します。

nodebrew list

v7.1.0
v8.11.3
current: v7.1.0

などと表示されます。

使用するnodeのバージョンを切り替えます。

nodebrew use v8.11.3

nodeのバージョンが切り替わったかを確認します。

node -v

実行(Mac)

ターミナルからnodeコマンドで作成したファイルを実行することができます。

node ファイルパス

参考
nodebrewでNode.jsをアップデートする