Photoshopの選択範囲作成方法と便利な応用操作

Photoshopには長方形選択ツールや楕円形選択ツールの他にも複雑な形状のオブジェクトを選択するための様々な方法が用意されています。今回は基本的な選択範囲の作成方法と合わせて覚えると便利な応用操作についてまとめます。

基本的な選択範囲の作成方法

選択範囲を作成するための基本的なツールの使い方を表にまとめました。

ツール名(操作名) 操作方法 利用場面
長方形選択ツール ・好きな範囲をドラッグする。
・Shiftキーを押しながらドラッグすると正方形になる。
・Altキーを押しながらドラッグすると中心を軸にして範囲を作成する。
・Spaceキーを押しながらドラッグすると範囲自体を移動することができる。
・コントロールパネルのスタイルを「標準」から「固定」に変更するとサイズを指定して選択範囲を作成することができる。
・四角形の選択範囲を作成したいとき。
楕円形選択ツール ・好きな範囲をドラッグする。
・Shiftキーを押しながらドラッグすると正円になる。
・Altキーを押しながらドラッグすると中心を軸にして範囲を作成する。
・Spaceキーを押しながらドラッグすると範囲自体を移動することができる。
・コントロールパネルのスタイルを「標準」から「固定」に変更するとサイズを指定して選択範囲を作成することができる。
・円形の選択範囲を作成したいとき。
なげなわツール ・好きな範囲をドラッグする。
・Altを押しながらクリックを繰り返すことで直線を引く要領で選択範囲を作成する。
・フリーハンドで選択範囲を作成したいとき。
多角形選択ツール ・好きな位置をクリックする。クリックするたびに直線が引かれ、直線を組み合わせることで多角形を選択することができる。
・範囲を作成中にdeleteキーを押すことで直前に引いた直線を取り消すことができる。
・多角形の選択範囲を作成したいとき。
マグネット選択ツール ・好きな位置をクリックしてマウスカーソルを移動すると、マウスカーソル周辺の色の違いを判別して、磁石のように色の境界線にくっつきながら選択範囲を作成することができる。 ・色の境界がはっきりしたオブジェクトを選択したいとき。
自動選択ツール ・好きな位置をクリックすると、同じカラー値を持つ色を一度に選択することができる。
・コントロールパネルの「許容値」や「隣接」チェックボックスを操作することで、全く同じ色でなくても近い色であれば選択範囲に含めることができる。
・同じ色のオブジェクトや背景を選択したいとき。
クイック選択ツール ・好きな位置をドラッグすることで色の違いを自動的に判別しながら素早く選択範囲を作成することができる。 ・オブジェクトを素早く選択したいとき。
色域指定 ・メニューバーの「選択範囲」から「色域指定...」を選択し、写真から選択したい色を持つピクセルをクリックすることで、その色を持つ範囲に選択範囲を作成することができる。 ・自動選択ツールと似ている機能。自動選択ツールとの違いはサンプルポイントを複数指定して選択範囲を作れるところ。
選択範囲を反転 ・すでに選択範囲を作成している状態でメニューバーの「選択範囲」から「選択範囲を反転」を選択することで、現在選択されている範囲以外の範囲を選択することができる。 ・選択したいオブジェクトの形状が複雑すぎる場合、背景を自動選択ツールで選択してから選択範囲を反転することでオブジェクトを選択することができる。
レイヤーから選択範囲を作成 ・レイヤーパネルのレイヤー名の左隣にあるサムネイルをCtrlキーを押しながらクリックすることでレイヤーから選択範囲を作成することができる。 ・特定のレイヤーから選択範囲を作成したいとき。
すべてを選択 ・Ctrlキーを押しながらAキーを押すことでキャンバス全体を選択することができる。 ・キャンバス全体をコピー(削除)したいとき
・キャンバスを基準にして整列させたいとき。

作成した選択範囲を解除するにはメニューバーの「選択範囲」から「選択範囲を解除」または、ショートカットキーのCtrl + Dで解除することができます。

また、選択ツールで共通する操作として、一度選択範囲を作成した後に、選択範囲を修正したい場合があると思いますが、Shiftキーを押しながらドラッグすると選択範囲を追加することができます。Altキーを押しながらドラッグすると選択範囲を削除することができます。Shiftキー + Altキーを押しながらドラッグすると現在の選択範囲との共通範囲のみを選択することができます。

便利な応用操作

以下は、便利な応用操作です。覚えておくと使う機会があると思います。

選択範囲を基準に整列する

キャンバスを基準に「水平方向中央揃え」に整列したい場合、選択範囲を基準にして整列を行うと便利です。
Ctrl + Aで「すべてを選択」の操作を行うと、キャンバス全体が選択されます。この状態で移動ツールを選択し、コントロールパネルの「水平方向中央揃え」を選択すると、水平方向に対してレイヤーのオブジェクトが中央揃えになります。

選択範囲にレイヤーマスクを作成する

選択範囲を作成後に、レイヤーパネル下部の「レイヤーマスクを追加」のアイコンをクリックすることで選択範囲にレイヤーマスクを作成することができます。通常、選択範囲以外が非表示になります。Altキーを押しながらクリックすることで選択範囲のみを非表示にすることができます。

画像の一部分のみを表示させたいときによく利用します。

選択範囲に調整レイヤーを作成する

選択範囲を作成後に、レイヤーパネル下部の「塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成」のアイコンをクリックし、そこから「レベル補正」などの好きな色調補正メニューを選ぶことで、選択範囲に色調補正を施すことができる調整レイヤーを作成することができます。

色調補正自体は、選択範囲が作成されていればメニューバーの「イメージ」から「色調補正」を選択することでも同じ結果が得られますが、調整レイヤーを作成することで色調補正を施すレイヤーが作成されるので、いつでも色調補正の表示・非表示を切り替えることができるというメリットがあります。

選択範囲の保存と読み込み

作成した選択範囲は、メニューバーの「選択範囲」から「選択範囲を保存」を選択することで選択範囲を保存しておくことができます。保存された選択範囲はチャンネルパネルに一覧として表示されます。チャンネルパネルでは選択範囲の部分が白く、選択範囲以外の部分が黒くなっていることがわかります。これは黒と白の2階調で選択範囲を表現しているため、このような表示になります。
また、メニューバーの「選択範囲」から「選択範囲を読み込み」で保存した選択範囲を読み込むことができます。

チャンネルパネルから選択範囲を作成する

RGBカラーモードに設定されている画像は、「レッド」「グリーン」「ブルー」の3色それぞれを混合してフルカラーを再現しています。チャンネルパネルは、その画像に使用されているRGBカラーのそれぞれの色の強さを白から黒への2階調のグラデーションで表しています。

つまり「レッド」では赤い部分がより白く、「グリーン」では緑の部分がより白く、「ブルー」では青い部分がより白くなります。この特徴を活かし、チャンネルに色調補正を行い、グレーの部分が無くなるように白と黒の2階調に分けることで、ここから選択範囲を作成することができます。

今回は人間が写った画像から人間の肌の部分のみを抽出する場合を例に考えてみます。人間の肌は赤色に近いので「レッド」のチャンネルをもとに選択範囲を作成します。「レッド」のチャンネルを選択して右クリックから「複製」を選択します。複製ができたら一旦、複製したチャンネル以外を非表示にしてから複製したチャンネルに対して、メニューバーの「イメージ」から「色調補正」の「レベル補正」を選択します。

レベル補正では、人間の肌の部分のみが白く、それ以外が黒くなるように調整します。グレーの部分が無くなるように調度良い位置を探します。

レベル補正のみでは、人間の肌の色のみを白くしようと思っても画像に写りこんだ他の赤い部分も白くなってしまうことがほとんどだと思います。そういったときは、選択範囲から除外したい部分をブラシツールで黒く塗りつぶします。

これで選択範囲の作成が完了しました。

一通りの作業が終わったらメニューバーの「選択範囲」から「選択範囲を読み込む」を選択することで作成した選択範囲を読み込むことができます。

被写体から選択範囲を作成する

Photoshop CC 2018からの新機能として写真から被写体を自動で認識して選択範囲を作れるようになりました。また、この機能と合わせて人間の髪の毛の毛先などを選択範囲で上手く作る方法も説明します。

メニューバーの「選択範囲」から「選択とマスク」をクリックします。すると、Photoshopのインターフェイスが「選択とマスク」のワークスペースに変化します。この状態で右側の属性パネルで表示モードを「黒地」に変更してから、メニューバーの「選択範囲」から「被写体を選択」を選択します。

これで被写体が表示され、それ以外が黒く塗りつぶされた状態になりました。現在、表示されている部分が選択範囲になります。

通常、この機能だけで選択範囲が上手く作られることは稀なので、このワークスペースにあるツールを使用して選択範囲を調整する必要があります。

調整に必要なツールの名称と操作方法を表にまとめました。

ツール名 操作方法
クイック選択ツール ・好きな位置をドラッグすることで色の違いを自動的に判別しながら素早く選択範囲を作成することができる。
境界線調整ブラシツール ・好きな位置でドラッグすることで人間の髪の毛の先などの細かい部分を調整しながら入り込んでしまった背景などを選択範囲から除外することができる。
ブラシツール ・好きな位置でドラッグすることで、除外されてしまっていた被写体の一部を選択範囲に含めることができる。

また、属性パネルにあるオプションの一つの「エッジの検出」は選択範囲の境界線部分を自動調整する機能です。半径と呼ばれる数値を設定することで、調整する境界線の範囲を設定します。この値が小さければ境界線部分はシャープに、大きければソフトな状態に変化します。

半径の設定は、境界線部分を一律で調整しますが、「スマート半径」にチェックを入れることで、肩口と髪の毛のようなシャープな箇所とソフトな箇所が混在する場合に調整範囲を可変的に設定してくれます。

スマート範囲にチェックを入れ、半径を2~4pxほどに設定すると綺麗に調整できると思います。

これらのツールを駆使して上手く選択範囲が作ることができたら、右下の「OK」ボタンをクリックすることで選択範囲を確定することができます。

参考資料
スクールの教科書